個人情報保護について

Ⅰ.個人情報保護方針(プライバシーポリシー)

当社は、高度情報通信社会における個人情報の重要性を認識し、個人情報保護に関する法令と社会秩序を尊重・遵守することにより、個人情報の適正な管理を行い、正確性・機密性の保持に努めます。

1. 個人情報の取得について

当社は、適法かつ公正な手段によって、個人情報を取得します。

2. 個人情報の利用について

(1)当社は、個人情報を、取得の際に示した利用目的の範囲内で、業務の遂行上必要な限りにおいて利用します。
(2) 当社は、個人情報を第三者との間で共同利用し、または、個人情報の取扱いを第三者に委託する場合には、当該第三者につき厳正な調査を行なったうえ、秘密を保持させるために適正な監督を行ないます。

3.個人情報の第三者提供について

当社は、本人が同意されている場合もしくは法令に定める場合を除いて、個人情報を利用目的の範囲を超えて第三者に提供しません。

4.個人情報の管理について

(1) 当社は、個人情報の正確性を保ち、これを安全に管理します。
(2) 当社は、個人情報の紛失、破壊、改ざん及び漏洩などを防止するため、不正アクセス、コンピューターウイルス等に対する適正な情報セキュリティ対策を講じます。
(3) 当社は、個人情報を持ち出し、外部へ送信する等により漏洩させません。

5.個人情報の開示・訂正・利用停止・消去について

当社は、本人が自己の個人情報について、開示・訂正・利用停止・消去等を求める権利を有していることを確認し、法令に定める場合を除き、これらの要求のある場合は、速やかに対応します。

6.組織・体制

(1) 当社は、情報セキュリティ管理責任者を任命し、個人情報の適正な管理を実施します。
(2) 当社は、役員及び従業員に対し、個人情報の保護及び適正な管理方法についての研修を実施し、日常業務における個人情報の適正な取扱いを徹底します。

7.個人情報保護コンプライアンス・プログラムの策定・実施・維持・改善

当社は、この方針を実行するため、個人情報保護コンプライアンス・プログラム(本方針、個人情報保護規定及びその他の規定、規則を含む)を策定し、これを当社従業者その他関係者に周知徹底させて実施し、維持し、継続的に改善します。

8.要配慮個人情報について

当社は法令で定められた場合【個人情報保護法17条2一~六】を除いて、あらかじめ本人の同意を得ることなく要配慮個人情報を取得することはありません。また、本人の同意を得ることなく第三者に提供することも致しません。
 
個人情報保護法17条2
・一 法令に基づく場合
・二 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。
・三 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。
・四 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき。
・五 当該要配慮個人情報が、本人、国の機関、地方公共団体、第七十六条第一項各号に掲げる者その他個人情報保護委員会規則で定める者により公開されている場合
・六 その他前各号に掲げる場合に準ずるものとして政令で定める場合

※要配慮個人情報とは
(1)人種 (2)信条(3)社会的身分(4)病歴(5)犯罪の経歴 (6)犯罪により害を被った事実(7)身体障害、知的障害、精神障害(発達障害を含む)その他の個人情報保護委員会規則で定める心身の機能の障害があること(政令第2条第1号関係)(8)本人に対して医師その他医療に関連する職務に従事する者(次号において「医師等」という)により行われた疾病の予防及び早期発見のための健康診断その他の検査 (同号において「健康診断等」という)の結果(政令第 2 条第 2 号関係)(9)健康診断等の結果に基づき、又は疾病、負傷その他の心身の変化を理由として、本人に対して医師等により心身の状態の改善のための指導又は診療若しくは調剤が行われたこと(政令第2 条第 3 号関係)(10)本人を被疑者又は被告人として、逮捕、捜索、差押え、勾留、公訴の提起その他の刑事事件に関する手続が行われたこと(犯罪の経歴を除く)(政令第 2 条第 4 号関係)(11)本人を少年法(昭和 23 年法律第168 号)第 3 条第 1 項に規定する少年又はその疑いのある者として、調査、観護の措置、審判、保護処分その他の少年の保護事件に関する手続が行われたこと(政令第 2 条第 5 号関係)を指します。
 


 

Ⅱ.当Webサイトにおける個人情報の取扱いについて

1.SSLによる暗号化通信について

当Webサイトでは個人情報をご提供いただく際にSSLによる暗号化通信を利用いただくことができます。SSLのご利用にはSSL対応ブラウザが必要となります。SSLに対応していない古いブラウザをご利用の場合や、FireWallの設定によってはSSLによる通信ができない場合がありますのでご了承ください。
 


 

III. 「個人情報の保護に関する法律」に基づく公表事項

「個人情報の保護に関する法律」に基づき、以下の事項を「公表」いたします。

1.個人情報保護方針

当社は、高度情報通信社会における個人情報の重要性を認識し、個人情報保護に関する法令と社会秩序を尊重・遵守することにより、個人情報の適正な管理を行い、正確性・機密性の保持に努めます。

2.個人情報の利用目的

お客様の個人情報は、当社の事業活動を遂行するに当たり、その目的達成に必要な範囲で使用いたします。
(1) 不動産の管理に関わる事業
(2) 福利厚生施設の管理運営及びその受託に関わる事業
(3) 食堂、飲食店及び旅館の経営及び管理運営の受託に関わる事業
(4) その他上記各事業に付帯する事業

3.個人情報の第三者への提供

お客様の個人情報は、あらかじめお客様の同意を得ないで第三者に提供することはいたしません。ただし、次の各号に該当する場合を除きます。
(1) 法令に基づく場合
(2) 人の生命、身体又は財産の保護のために必要であって、お客様の同意を得ることが困難である場合
(3) 国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が、法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要があって、お客様の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合
(4) 利用目的の達成に必要な範囲で、個人情報の取扱いを委託する場合
(5) 合併その他の事由による事業の継承に伴い、個人情報を提供する場合

4.保有個人データの開示等の請求手続き

(1) 開示の申出先
開示の請求は下記宛、当社指定の申請書に必要書類を添付のうえ、郵送によりお願いいたします。
なお、封筒に朱書きで「開示等申請書類在中」とお書き添えいただければ幸いです。
〒105-0012 東京都港区芝大門二丁目2-1 ユニゾ芝大門二丁目ビル9F
株式会社あなぶき社宅サービス 個人情報担当窓口宛

(2) 開示に際してご提出頂く書面(様式)等
開示の請求を行う場合は、次の申請書 ① をダウンロードし、所定の事項を全てご記入のうえ本人確認のための書類 ② を同封してください。
① 当社指定の申請書
「保有個人データ」開示申請書(クリックしてダウンロードしてください)
※上記書面がダウンロードできない方は、5.お問合せ窓口までご連絡ください。
② 本人確認のための書類(次のABの書類をご用意ください)
A. 住民票(外国人の方は外国人登録証)
B. 公的機関が発行した身分証明書のコピー(例:運転免許証等)

(3) 代理人による開示の請求
開示の請求を行う者が代理人の場合には上記 ①の書類に加えて、下記の書類を(①または②)を同封してください。)
① 法定代理人の場合(次のA~Cの書類をご用意ください)
A. 法定代理権があることを証する書類
・未成年者の場合:戸籍謄本
・成年被後見人の場合:登記事項証明書(東京法務局にお問合せください)
B. 法定代理人の住民票(外国人の方は外国人登録証)
C. 法定代理人の公的機関が発行した身分証明書のコピー(例:運転免許証等)
② ①以外の代理人の場合(次のA~Eの書類をご用意ください)
A. 委任状(実印で押印)
B. 本人の印鑑証明書
C. 本人の住民票(外国人の方は外国人登録証)
D. 代理人の住民票(外国人の方は外国人登録証)
E. 代理人の公的機関が発行した身分証明書のコピー(例:運転免許証等)

(4) 開示の請求の手数料及びその徴収方法
① 1回の申請毎に下記手数料、郵送料が必要です。
A. 手数料:1,400円
B. 郵送料:612円(内訳:定形82円、書留430円、本人限定受取郵便100円)
② 手数料の支払方法(AB何れかの方法によりお願いします)
A. 現金
B. 郵便定額小為替

(5) 訂正、利用停止等の申出先
訂正等の請求は下記宛、当社指定の申請書に必要書類を添付のうえ、郵送によりお願いいたします。
なお、封筒に朱書きで「訂正等申請書類在中」とお書き添えいただければ幸いです。
〒105-0012 東京都港区芝大門二丁目2-1 ユニゾ芝大門二丁目ビル9F
株式会社あなぶき社宅サービス 個人情報担当窓口宛

(6) 訂正等に際してご提出頂く書面(様式)等
訂正等の請求を行う場合は、次の申請書(1)をダウンロードし、所定の事項を全てご記入のうえ本人確認のための書類(2)を同封してください。
① 当社指定の申請書
「保有個人データ」訂正等申請書(クリックしてダウンロードしてください)
※上記書面がダウンロードできない方は、5.お問合せ窓口までご連絡ください。
② 本人確認のための書類(次のABいずれかの書類をご用意ください)
A. 住民票(外国人の方は外国人登録証)のコピー
B. 公的機関が発行した身分証明書のコピー(例:運転免許証等)

(7) 代理人による訂正等の請求
訂正等の請求を行う者が代理人の場合には上記6.①②の書類に加えて、下記の書類を同封してください。
① 代理人確認のための書類(次のABの書類をご用意ください)
A. 代理人の住民票(外国人の方は外国人登録証)のコピー
B. 代理人の公的機関が発行した身分証明書のコピー(例:運転免許証等)

(8) 開示、訂正、利用停止等の請求に対する回答方法
申請書記載の申請者または対象者本人の住所宛に書面によってご回答いたします。

(9) 開示、訂正、利用停止等の請求に関して取得した個人情報の利用目的
開示等の請求にともない取得した個人情報は、開示等の求めに必要な範囲で取り扱うものとします。
ご提出頂いた書類は返却いたしません。開示等の求めに対する回答が終了した後、1年間保存し、その後廃棄させていただきます。

(10) 「保有個人データ」の不開示事由について
次に定める場合は、不開示とさせていただきます。不開示を決定した場合は、その旨の理由を付記して通知申し上げます。また、不開示の場合についても所定の手数料、郵送料をいただきます。
① 申請書に記載されている住所・本人確認のための書類に記載されている住所・当社の登録住所が一致しない時など本人が確認できない場合
② 開示請求にともなう手数料等の支払いがない場合
③ 代理人による申請に際して、代理権が確認できない場合
④ 所定の申請書類に不備があった場合
⑤ 開示の求めの対象が「保有個人データ」に該当しない場合
⑥ 本人又は第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
⑦ 当社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
⑧ 他の法令に違反することとなる場合

(11) 「保有個人データ」の訂正、利用停止等の請求に対する処理について
訂正、利用停止等の請求に基づき、利用目的の範囲内において、遅滞なく事実調査を行い、その結果に基づいて処理させていただきますが、関係法令の定めにより、請求に応じることができない場合もございます。訂正、利用停止等に応じることができない場合は、その旨の理由を付記して通知申し上げます。

5.お問合せ窓口

当社の個人情報取扱いに関する各種お問い合わせ及びご相談に関しては、下記にて承っております。

(1)お電話による場合
株式会社あなぶき社宅サービス 個人情報担当窓口宛
TEL:03-6895-8681(代) 受付時間 9:30~17:00
(土曜日、日曜日、祝祭日、年末年始等は除く)

(2) 郵送の場合
〒105-0012 東京都港区芝大門二丁目2-1 ユニゾ芝大門二丁目ビル9F
株式会社あなぶき社宅サービス 個人情報担当窓口宛

(3) 電子メールによる場合
E-mail:privacy@anabuki-housing.co.jp
メールの先頭に「あなぶき社宅サービス」宛と記載した上で、問い合わせ内容を記述してください。

(4) ご訪問による場合
① 開示申請の場合
直接ご来社頂いてのお申し出はお受けかねますので、その旨ご了承賜りますようお願い申し上げます。
② 訂正等申請の場合
事前にご連絡をいただいた上で、ご来社頂きますよう申し上げます。

お問い合わせ contact

ページトップへ